まずは疲れをとりましょう。話はそれからです。

疲れをとる

今までに感じたことのないカラダの軽さを感じてください

​●精神的疲労と肉体的疲労

疲労とは

「これ以上、負荷がかかった状態が続くと体に害が及びます」
という人間が生命を維持するために感じるサインです。

 

精神的疲労(中枢性疲労)とは脳の疲れ。心理的・精神的なもので、ストレス刺激が脳内で大きくなると、次第に脳細胞がダメージを受けて疲労を感じるようになります。

肉体的疲労(抹消性疲労)とはカラダの疲れ。蓄えられたエネルギーが枯渇し、血流が悪くなり、神経から筋肉の神経伝達が遅れるようになって、筋肉のパフォーマンスが低下します。

​徹底的に肉体的疲労回復

カラダの疲れをとるには

​●固くなっている筋肉を見つけてほぐす&伸ばす

IMG_9870.jpeg

固くなった筋肉は機能が低下してします。そしてさらに、周りの筋肉の機能も低下させます。

固くなっている筋肉を見つけ出し、よくほぐして伸ばすことで、柔軟性が向上し、カラダの機能が向上します。つまり、カラダが軽くなります。

​●弱く、働かない筋肉を鍛える

IMG_6627_Fotor5.jpg

筋肉が固くなる原因は、働いていない筋肉をかばい、余計に働いているから。

​弱く、働いてない筋肉を見つけ出し、鍛えることで、筋肉が固くなることを予防することにつながります。

​●リラックスして呼吸トレーニング

IMG_9760_Fotor_Fotor.jpg

正常な呼吸をトレーニングすることで、副交感神経が優位になり、カラダがリラックスした状態になります。そして一日約2万回も行う呼吸が正常に行われることが疲れにくいカラダにつながります。

​●食事と睡眠をしっかりとる

疲労回復の最大のポイントは、食事と睡眠です。

疲れにくいカラダを作る

10年後の自分のために

まずはカラダ全体をよく分析し、カラダの状態を把握します。

​そして、一人一人に合わせたプログラムを作成します。

マッサージ × エクササイズ

​マッサージとエクササイズの組み合わせで、疲れにくいカラダを作る

まず、マッサージやストレッチでカラダの疲労を取り除きます。そして、さらにエクササイズを組み合わせることで、さらにカラダを軽くさせ、その痛みを生じさせ、疲れにくいカラダを作ります。

IMG_6609_Fotor.jpg

​セルフケア

ご自宅で行って頂けるストレッチ・筋トレなどのエクササイズなどの方法を動画や写真付きのシートをお渡しして、わかり易くご説明します。

​ご自宅でもセルフケアを行って頂くことで疲れにくいカラダを目指しましょう。

IMG_1684.JPG
完全個別オーダーメイド型

​まずはカラダを分析し、個別の

​改善プログラムを作成します

​GONZOO治療院では時間をかけてカラダ全体を分析し、まずカラダの柔軟性・筋力などを分析することから始めます。そして一人一人に個別の改善プログラムを作成します。